映画 グリーンブック あらすじ

アカデミーありがとう。 ドクター・シャーリーに感謝します。ドクター・シャーリーのエッセンスをとらえて自分の中にいれようとしました。それが彼の生きた証です。そしてパートナーのヴィゴ、ありがとう。ピーター・ファレリー監督、リーダーシップを発揮してくれ仕事をする空気をつくってくれました。大好きですオクタヴィア・スペンサー。クリス・バワーズにも感謝。 そして祖母に感謝したいと思います。これまでの人生、ずっと「うまくいかなくてもがんばりなさい」と、僕がポジティブに考えるようプッシュし続けてくれた。娘と妻と、そして映画に貢献してくれたすべての人に感謝します。. 今年のアカデミー賞のノミネート作品が発表されたとき、年のときと似ているなと感じた。 年は『英国王のスピーチ』と『ソーシャルネットワーク』が戦った年だ。後者はFacebookの創始者マーク・ザッカーバーグを主人公にしたドラマ映画なので、時代性に富んだ作品だったが、前者はいつ作られてもおかしくない伝記映画。だが、ハリウッドは作品賞に前者を選んだ。この結果は賛否両論を呼んだ。 そして今年は『グリーンブック』『女王陛下のお気に入り』と、『ROMA/ローマ』が戦った。 僕がなぜ『グリーンブック』が8割方獲るだろうと思っていたのかというと、3本の中で最も映画映画した、保守的な作品のように感じたからだ。いわば年の『英国王のスピーチ』に似た作品だったのだ。 『ROMA/ローマ』はアルフォンソ・キュアロン監督による自身の経験をもとにした芸術的な作品で、非常に評判のいい作品だが、Netflix配信。配信映画のジャンルにくくられる作品はまだ作品賞を取れないだろう。 加えて、『女王陛下のお気に入り』も、監督の変態性が顕著にあらわれており、高級フレンチの隠し味ににんにくとブルーチー. 映画『グリーンブック』は、何もかもが正反対の2人の旅を描く実話モノ。バディ・ムービーやロード・ムービーの要素と魅力も持っている。 舞台は1962年のアメリカ。主人公のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)はナイトクラブの用心棒で、腕っぷしが強くてガサツな性格。クラブで起こるトラブルは拳一発で解決するタイプだ。加えて話術に優れ、どんな大物とも仲良くなってしまう。あまりの社交力に、”リップ”とのあだ名が付いた。 そんなトニーは、「ドクター」と呼ばれる人物の運転手を務めることになる。てっきり医者かと思いきや、劇場の高級マンションに暮らす孤高の黒人ピアニストのことだった。名はドクター・シャーリー。ゴージャスな住まいのドクター・シャーリーは玉座のような椅子に腰掛け、「黒人との仕事に抵抗はあるか」とトニーに問う。トニーは「ないね」と即答してみせるが、そんなことはなかった。当時の多くの白人のように、トニーも黒人に対して差別意識を持っていた。 ドクター・シャーリーの目的は、演奏ツアーに同行する優秀な運転手を見つけることだった。それも、黒人差別のより激しいアメリカ南部を目指すのだという。トニーの”どんなトラブルも解決する腕”が欲しかったドクター・シャーリーは、トニーの希望条件を全面的にのんで彼を雇う。こうして2人は一台の車に乗り込み、2ヶ月の旅に出ることになった。トニーには、黒人が宿泊できる宿が書かれたガイドブック、通称”グリーンブック”が渡される。 当時アメリカ南部には、黒人の行動を制限するジム・クロウ法と呼ばれる法律があった。黒人は、食事や宿泊、買い物をする場所、座ったり歩いたりする場所まで制限されていて、使用できる水飲み場やトイレも決められていた。さらに、南部のいくつかの町では、黒人が日没後に外出することさえ違法とされていた。 劇中では、ドクター・シャーリーが入店を断られたり、何も知らずに黒人お断りのバーに入ってしまい袋叩きに遭うといったトラブルが起こり、その度に腕自慢のトニーが解決していく。旅立つ前は自らも黒人への差別意識があったトニーも、次々と直面する理不尽な現実に「我慢ならない」といった様子を見せる。 トニーはドクター・シャーリーの天才的なピアノ演奏をひと目見るなり魅了され、妻への手紙に「あいつは天才だ」と書いてその才能を認めている。始めはウマが合わず沈黙ばかりだっ. See full list on m-tasso.

動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【グリーンブック】ドラマ映画の洋画。【あらすじ】時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リッ. 。 条件を聞いたトニーは、世話まではしない、週給は125ドルにしろと交渉しますが、ドクターから帰るように言われてしまいます。 トニーは大事な腕時計を質屋に入れて金を作った後、行きつけのパブにやってきました。 そこにはマフィアの幹部たちがおり、トニーに仕事を持ちかけますが、彼はどれも断ってしまいます。 翌朝トニーの家にドクターから電話がかかってきました。 ドクターはドロレスと会話をしたいと言って、彼女にトニーが2ヶ月家を空けても大丈夫か聞き. 映画 グリーンブックの概要 グリーンブック:あらすじ. グリーンブック の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. 24 映画『君は月夜に光り輝く』のあらすじと感想(動画あり) 映画. おすすめ度 72/100 一言感想・関係性こそ真新しいが非常にスタンダードで保守的な作品。 思ったよりも普通でした。普通というか純映画的というか。演出等で評価される理由もわかるけど、既視感があった。 監督のピーター・ファレリーが考えさせられるドラマ映画を作ったと聞いて抱く期待通りの作品にはなっている。まあまあ面白い実話ものドラマ映画にはなっている。 だけど、期待を超えているわけではなく、個人的に少々物足りなさを感じた。「ピーター・ファレリーが製作した良質な実話ベースドラマ映画」と聞いて思うイメージを超えていないのだ。 コンセプトはかなり真新しい。差別的な白人が運転手で、黒人の貴族みたいな天才が雇い主のため、『ドライビングMissデイジー』とは違い革新的だ。とはいえど、運転手と客が交代したものの、描かれる物語はスタンダードなロードムービーと同じような感じだ。 無論、完成度は一定のレベルを超えている。 演出面では『メリーに首ったけ』のピーター・ファレリーらしいコメディシークエンスもある。過激なネタはないものの、笑えるシーンがうまくて面白い。 そしてライトではあるものの、黒人差別について真っ向から描いている。1960年代の凄惨な黒人差別の実態を知るにはキャスリン・ビグロー監督の『デトロイト』のほうが明らかに優れているものの、わかりやすく、どのような差別が行われていたのかを垣間見ることができる。 子供が恐怖心を抱かない程度に、簡潔にわかりやすく描かれている。もはやホラー映画のようだった『デトロイト』とは違い誰が見ても楽しめ、かつ考えさせられる作品だった。 先程作品情報のところでも述べたとおり、『メリーに首ったけ』に代表されるファレリー兄弟の作品は、身障者差別についてちゃんと描いたものばかりだ。 彼らの作品は身障者をちゃんと一人の人間として扱っており、過激なコメディながらもこういった問題をちゃんと描いていることで知られている。その長男のピーターが黒人差別を題材にしたドラマ映画を作ったのなら、差別について考えさせられる、それなりに質の高い作品が出来上がって当然なのだ。 二人は南部に向かってドライブするごとに、ひどい差別を体験する。 黒人といえばフライドチキンというステレオタイプが出てきたり、黒人の目に見えた差別から目に見えないけど差別的な空気感を体験する。 ※詳しくは前の. 『グリーンブック』はピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセン×マハーシャラ・アリのダブル主演で送るロードムービーだ。 イタリア系の用心棒が、黒人のジャズピアニストの運転手として、ともに南部の差別の色濃い地域を回る作品で、トロント映画祭で観客賞を受賞、その後アカデミー賞でも作品賞や脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)が受賞した。 アカデミー賞授賞式の数日後にあたる3月1日から公開されたので、日本でもそこそこヒットしている。 今年のアカデミー賞で有力候補とされていたのは本作と宮廷ドラマの『女王陛下のお気に入り』、そして『ROMA/ローマ』だ。 この2作と『グリーンブック』がアカデミー作品賞を獲るだろうと言われていたが、僕は80%の確率で『グリーンブック』が獲るだろうなと思っていた。. ドクター・シャーリーを演じるマハーシャラ・アリは、『ムーンライト』()に引き続き本作で2度目のアカデミー助演男優賞を獲得した。差別の激しい時代にアメリカで生きる黒人でありながら、高級マンションで孤高の生活を送り、道中さまざまな差別に遭って己のアイデンティティが問われていく。 固く閉ざしたような顔つきが、トニーの人間性によってほぐれてゆき、ついに笑い出してしまう場面や、人種問題に押しつぶされそうになる苦悩の表情など、印象的な演技を数多く見せている。.

『グリーンブック』タイトルの意味とは? 『グリーンブック』というタイトルですが、「グリーンブック」とは何を指すんでしょうか。 グリーンブックとは、あらすじ・ネタバレの項目にもあった通り、黒人用旅行ガイドのことを指すそうです。. . 映画 グリーンブック あらすじ 映画『グリーンブック』あらすじ&ネタバレ ニューヨークにある高級ナイトクラブ「コパカバーナ」で警備の仕事をしていたトニー・リップ。 コパカバーナが改装工事をすることになり2ヵ月間休業することになってしまいます。. グリーンブックのあらすじと結末!感想評価【ネタバレ有】実話ベース?批判が多い?意味は? - CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載. 映画『グリーンブック』は、年3月1日(金)より、tohoシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。 1960年代初頭、ガサツなイタリア系移民のクラブの用心棒と、孤高の天才黒人ピアニストが差別意識の強い南部(ディープサウス)へ危険なツアーに出かけたという実話もとにしたロードムービー。.

この先はネタバレありのあらすじです。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。 1962年、ニューヨーク。. その後、トニーとドクターは口論になりました。 ケネディと知人であるドクターに感心したトニーは、自分を卑下して「俺は黒人よりも黒人の生活をしている」と言いました。 この発言が、ドクターを怒らせます。 ドクターは、自分の現状を嘆いていました。 音楽家として有名になったからお金はあるのですが、見た目が黒人なので白人社会には入れてもらえません。 黒人にも白人にもなれない自分は「はぐれ黒人」だと嘆くドクターに、トニーは軽はずみなことを言ってしまったと思いますが、かけることばがありませんでした。 その日、トニーはドクターの部屋(黒人専用の部屋)に泊まります。 狭い部屋で、トニーは妻への手紙を書いていました。 ドクターが代筆を手伝おうとすると、トニーは制止して「もうコツが分かった」と言います。 本当でした。トニーは情緒ある手紙を書けるようになっており、ドクターは感心しました。 映画 グリーンブック あらすじ このことがきっかけで、ふたりは仲直りします。 手紙の話題から、トニーはドクターに「兄へ手紙を書け」とアドバイスします。 ドクターは「兄は私の住所を知っている」と言いますが、トニーは「淋しい時には自分から手を打たなくちゃ」と返しました。 ドクターは納得し、黙ります。 〔アラバマ州 バーミングハム〕 映画 グリーンブック あらすじ 最後の土地です。 ドクターはコンサート会場へ行き、控室に通されました。 控室といっても、ドクターに用意されているのは「物置」です。 トニー、オレグ、ジョージはひと足先に、レストランで食事をしていました。 オレグはトニーに、南部でのツアーのことを「勇気が人の心を変えるのだ」と評します。 差別の色濃く残る南部で、黒人が音楽家としてツアーをして回ってこそ、世間の偏見を変えるいちばんの方法だというわけです。 そこへドクターがやってこようとしますが、黒人だというそれだけの理由で、レストランの支配人から入場を拒否されました。 支配人は「決まりだから」と言い、近くに『オレンジ・バード』という黒人でも食事できる店があると言います。 しかしドクターは「ここで食べられないのなら、今夜の演奏はおりる」と言い出しました。 困った支配人は、トニーを買収しようとします。 ドクターもトニーに「君が望むなら、演奏をしよう」と言いました。 トニーは「演奏はしなくていい」と答え、買収にも応じずに店を出ていきます。 トニーとドクターはそのまま、『. 第91回アカデミー賞で見事最優秀作品賞に輝いた本作。 映画ファンはノミネートの段階で「ファレリーの映画が!?」と驚いたかもしれません。 ピーター・ファレリーのフィルモグラフィを見ると『メリーに首ったけ』(1999)や『愛しのローズマリー』()や『二人にクギづけ!』()など下ネタも多い軽いタッチのコメディばかりで確かに意外ですが、実は彼は今までもさりげなく差別を描いてきました。 彼の映画には、障碍者が分け隔てなく暮らしている描写がよく出てきますが、他のハリウッド映画ではあまり見られない特色です。 また『愛しのローズマリー』では、異性を見た目の美醜でしか判断しない男が変わっていく話を描いています。 インタビューなどでファレリーは「自分たちの暮らす現実がそうだから、障碍者がも見た目がよくない人も当たり前にいる世界を主題と関係なくても描いている」と語っています。 漂白された美男美女だけの世界でハッピーな話を描いても、本当の幸せな気分にはなれないというのが彼の信条なんです。 そんなファレリーが、差別に真っ向勝負で挑んだのが本作『グリーンブック』。 彼がこの映画を撮るのは必然だったのです。 ちなみにいつも組んでいる弟のボビー・ファレリーが参加していないのは、彼の身内に不幸があり仕事どころではなかったという理由。 ピーターも次はまた兄弟で撮ると語っているのでファンの方はご安心ください。. 本作は愛情の物語です。いろんな違いがあっても愛し合うことです。我々は同じ人間です。ヴィゴ・モーテンセン。この受賞はヴィゴのおかげです。そしてマハーシャラ・アリ、そしてリンダ・カーデリーニのおかげです。 映画 グリーンブック あらすじ でも何よりもヴィゴからはじまったのです。そして関わってくれたみなさん(名前の羅列)に感謝です。. トップ > ヒューマンドラマ > 映画「グリーンブック」感想ネタバレあり解説 差別や偏見などフライドチキンの骨と共に捨ててしまえ。ヒューマンドラマ.

道中でケンタッキー・フライドチキンを見つけたトニーは、ドクター・シャーリーが1度もこの庶民的ファストフードを食べたことがない事を知ると、面白がりながらドクター・シャーリーに強制的に食べさせる。ドクター・シャーリーは思いのほか美味しいフライドチキンをトニーと一緒に楽しそうに食べるが、トニーがソフトドリンクの紙コップを道路に投げ捨てると、それを拾うよう注意する。 ホテルに到着すると、トニーはドローレスに手紙を書き始める。しかし教養がなく書くことが苦手な彼の幼稚な手紙を見たドクター・シャーリーは助言をしてロマンティックな手紙へと変貌させる。 ある夜、ドクター・シャーリーが1人でバーに行くと、差別的な白人たちに暴力を振るわれる。電話を受けたトニーは彼を助け出すと、彼に1人でどこにも行かない事を約束させる。. 。 ここでしばし、本筋とずれて説明します。 アメリカ合衆国では、白人を優れたものとし、有色人種を差別していました。 アメリカ南北戦争では、「(黒人の)奴隷制存続を主張する南部」と「奴隷を解放する北部」とが戦いました。 北部が勝利し、奴隷解放宣言が出されます。 ・アメリカでは北部よりも南部のほうが、黒人に対しての差別が激しかった ・1960年代でも、露骨に人種差別が行われている これらのことを憶えておくと、映画が理解しやすくなります。 水道工事の業者が使ったコップを、トニーがそのままごみ箱に捨てるという行為は、決して称賛されるべきことではありませんが、この時代にはありがちなことでした。 本人は悪気がなくても、世のなかで「白人のほうが優れている」という偏見が、はびこっているのです。 さてトニーは生活費を稼ぐために、大食い競争に出ました。 ホットドッグを食べてお金を稼ぎますが、毎日大食い競争へ出るわけにはいきません。 なんとかせねばならないと考えているトニーに、耳寄りな情報が入ります。 「どこかのドクターが運転手を探している」 これを聞いたトニーは、運転手になるために面接へ行きました。 相手は. . 映画『グリーン・ブック』の評価がめちゃくちゃ高い理由を解説してみた。 あらすじネタバレ有りなので映画を見ていない人は注意してね。 (勘違いがあると困るので先に書いておきますが、黒人という言葉は厳密には差別用語ではありません。ご了承ください。) 『グリーン・ブック』の製作. グリーンブック()の映画情報。評価レビュー 7469件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ヴィゴ・モーテンセン 他。黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。『はじまり. 〝事実に基づいた物語〟 〔ニューヨーク 1962年〕 トニー・リップは本名を、トニー・バレロンガといいます。 イタリア系男性ですが、バレロンガという苗字が親しみにくいので、一般的にはトニー・リップと名乗っています。 トニーには、妻・ドロレスと2人の幼い息子がいました。 彼らを育てるため、トニーはいろんな仕事をしています。 現在行なっているトニーの仕事は、ナイトクラブ『コパカバーナ』の用心棒でした。 クラブで騒ぐ酔客を店から出したり、トラブルの対応をしたりする仕事です。 ところが『コパカバーナ』は改装工事のため、一時、店をたたむことになりました。 トニーはその間、仕事に困ります。 閉店の前の日。 地元で有名なギャング、ロスクードの帽子を持っていったトニーは、ロスクードに顔を売りました。 〔ニューヨーク ブロンクス〕 『コパカバーナ』が休みに入ります。 トニーが朝起きると、家に水道工事の業者が入っていました。2人の黒人男性が作業をしています。 それを見たトニーは、黒人男性が帰宅したあと、彼らが使ったコップをそのままごみ箱に捨てました。 あとでドロレスが気づき、ごみ箱から回収します. その日を皮切りに西へ移動するトニーは、車中でドクターに「なぜリップと名乗っているのか」と訊かれます。 リップというのは、幼い頃に「デタラメがクラスで一番うまかった」からでした。 ドクターは、それが栄誉なことかと訊きますが、「嘘ではなく、デタラメなのだから」とトニーは誇ります。 (嘘つきだと悪い意味に取られがちだが、ほら吹きだと想像力が問われる) トニーが車中で流すラジオの曲に、ドクターが興味を示します。 チャビー・チェッカー、アレサ・フランクリンの曲をトニーは紹介し、ドクターもそれらの曲に親しみました。 ある雑貨店の店先に、ヒスイ石が落ちていました。 トニーは落ちているヒスイ石を拾い、自分のものにします。 (石は売り物なのだが、たまたま1つが土の上に落ちていた) チェロ奏者のオルグがそれを見ており、ドクターに告げ口します。 ドクターは「金を払ってこい」と注意しました。 金を払わないのならば戻してこいと注意され、むっとしながらトニーは返しにいきます。 (とみせかけて実は、トニーは手に入れている!)←あとで出てくる、覚えておいて 〔インディアナ州 ハノーヴァー〕 コンサートの会場にあるピアノが、スタインウェイではありませんでした。 トニーが注意します。 むっとした店主は「問題はない」と返しますが、トニーが問答無用で、グーでパンチしました。 結果、あっという間にピアノは、スタインウェイに代わります。 コンサートは問題ありませんでした。 〔アイオワ州 シーダー・ラピッズ〕 トニーは妻のドロレスに、手紙を書いています。 ケンタッキー州へ入った頃、トニーはドクターに家族がいないのかと訊きました。 ドクターは「兄がどこかにいるが、居場所は知らない」と答えます。 また、若い頃にジューンという妻と結婚していたと言いますが、夫とピアニストの両立が難しいという理由で、すぐに離婚したと話しました。 映画 グリーンブック あらすじ ドクターの家族の話を聞いていたトニーは、前方においしいと評判の、カーネル・サンダースの店を見つけます。 購入したトニーは食べて、おいしいと言いました。ドクターにも勧めます。 「食えよ」と半ば押し付けられたフライドチキンを食べたドクターは、気に入りました。 食べ終わった骨をどうするかとドクターが訊くと、トニーは車の窓から抛ります。 それを見たドクターは喜んで、自分も骨を抛り捨てました。 トニ. 映画『グリーンブック』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 原題:Green Book 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年3月1日 監督:ピーター・ファレリー.

グリーンブックの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズ. 次のコンサートで、白人の主催者がドクター・シャーリー達を紹介する際、トニーはドクター・シャーリーから受けた「アメリカの苗字に変える」というアドバイスを無視し、自分のイタリア系の苗字を言わせる。その後のディナーパーティーではトニーがドクター・シャーリーのためにリクエストした自家製のフライドチキンが出される。 しかしそこでトイレを使おうとしたドクター・シャーリーは、主催者から外にある黒人のスタッフ用トイレを案内される。そのトイレを使う事に抵抗を感じたドクター・シャーリーはトイレに行くためだけにホテルへ戻る事にする。トイレを済ませ、パーティーに戻ったドクター・シャーリーはひどい扱いを受けながらも白人の人々と笑顔で握手をする様子を見たトニーは理解に苦しむ。 次のコンサートへ向かう2人は道中白人警察に止められ職務質問を受ける。白人のトニーが黒人のドクター・シャーリーのドライバーをしている事に疑問を持った白人警察官は、トニーのイタリア系の名前を聞くと、「彼も半分黒人だからか」とイタリア系の彼を差別する様な事を言う。トニーは感情を抑えられずその警官を殴り、ドクター・シャーリーも一緒に拘置所へ入れられる。 何もしていないにも関わらず捕まったドクター・シャーリーだが警官は黒人の彼の言う事に耳を傾けなかった。すると警察署に州知事から2人を釈放するよう電話が来る。何をしたのかと聞くトニーに、ドクター・シャーリーは知人である司法長官のボビー・ケネディに電話をしたと言う。. 映画「グリーンブック」あらすじ・登場人物・紹介(ネタバレあり) 映画 「グリーンブック」は年3月に公開されたアメリカの伝記コメディで、監督は「メリにーに首ったけ」や「ライフにお手あげ」のピーター・ファレリーが手がけたことで知られてい. 1962年秋、ニューヨーク。 ナイトクラブ「コパカバーナ」で用心棒として働くイタリア系の中年男トニー・“リップ”ことトニー・バレロンガ。 コパカバーナが改装工事で2ヶ月休業となり、家族を養っているトニーはその間の仕事と金の工面を模索していました。 親戚達が家に集まっている中、妻のドロレスが黒人の作業員に家の修理を依頼。 妻が黒人たちを労って飲み物を渡しているのを見たトニーは、彼等が帰った後にそのコップを捨ててしまいます。 トニーは家族や親戚に、仕事とお金はなんとかすると公言しましたが、彼がすることといえばホットドッグの大食い競争での賞金稼ぎぐらい。 そんな中、コパカバーナのオーナーから電話があり、とある“ドクター”が運転手を探していると言います。 面接に行ってみると、そこはカーネギーホール。 トニーが疑問を抱きながら上階へ向かうと、貴族の邸宅のような空間があり、そこにいたのは医者ではなくドクター・シャーリーという黒人の音楽家でした。 (C) UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.

16 『七つの会議』のあらすじと評価感想について。 映画. 映画『グリーンブック』のあらすじ 人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。. 1962年ニューヨーク、高級クラブ“カパカバーナ”で用心棒として働くイタリア系白人のトニーはその口達者な性格からトニー・リップと呼ばれていた。クラブが改装のため数ヶ月間閉鎖すると知らされたトニーは、妻ドローレスと2人の子供達を養うため、仕事を探して回る。 ある日、友人からあるドクターがドライバーを探していると仕事を紹介されたトニーは面接へ行くと、そこで黒人差別が色濃く残る南部へのコンサートツアーを計画している黒人のピアニスト、ドクター・シャーリーと出会う。クリスマス前までの2ヶ月間のツアーに同行するドライバー兼ボディガードを探していたドクター・シャーリーに、それなりの金額を提示されたトニーは仕事を受けることにする。 コンサートツアーへ出発の日、トニーはレコード会社から「ドクター・シャーリーがどれか1つでもコンサートへの出演を見逃したら給料は支払わない」と伝えられ、“グリーンブック”という黒人でも宿泊可能な宿のガイドブックが渡される。トニーは家族に別れを告げるとドクター・シャーリーと一緒に南部へ向かう。 最初のコンサート前、ドクター・シャーリーはトニーにゲストの前で行儀よく振る舞い、彼のイタリア系の苗字を言いやすいアメリカ風なものに変えて紹介する事を提案するが、トニーは「自分の名前や振る舞い方をゲストが気に入らないのであれば、外で待機する」と言い返す。そしてコンサート会場の外からドクター・シャーリーがピアノを弾く姿を見たトニーは、彼のピアノの才能に圧倒される。.



Phone:(245) 635-9524 x 2779

Email: info@wuos.rubuntu.ru